障害年金Support Room

主な対応エリア大阪府/兵庫県全域

お問い合わせ

障害年金基礎知識

障害年金とは?

※年金額等は、平成27年度の金額です。

障害の程度 年金・手当金の金額
障害厚生年金・障害手当金 障害基礎年金
1級 (報酬比例の年金額)×1.25+(配偶者の加給年金額) 975,125円(2級✕1.25)+子の加算額
2級 (報酬比例の年金額)+(配偶者の加給年金額) 780,100円+子の加算額
3級 (報酬比例の年金額)×1
585,100円に満たないときは、585,100円
(最低保障額)
――
障害手当金
(一時金)
(報酬比例の年金額)×2
1,170,200円に満たないときは、1,170,200円
(最低保障額)
――
名称 金額 加算される年金 年齢制限
配偶者 加給年金額 224,500円 障害厚生年金 65歳未満であること
(大正15年4月1日以前に生まれた配偶者には年齢制限はありません
子2人まで 加算額 1人につき
224,500円
障害基礎年金 ・18歳になった後の最初の3月31日まで
・国民年金法施行令に定める障害等級1級・2級の障害にある場合は20歳未満
子3人目から 1人につき
74,800円

報酬比例の年金額=①または②のいずれか高い方
※障害手当金の額の計算も同様です。

①平成16年改正 本来水準 A+B

A:平成15年3月以前の被保険者期間の金額
平均標準報酬月額(※1)×9.5/1,000~7.125/1,000×平成15年3月までの被保険者期間の月数(※3)
(平成27年度再評価率)(生年月日による乗率)

B:平成15年4月以後の被保険者期間の金額
平均標準報酬額(※2) ×7.308/1,000~5.481/1,000×平成15年4月以後の被保険者期間の月数(※3)
(平成27年度再評価率)(生年月日による乗率)

②平成16年改正 従前額保障 A+B×従前額改定率(平成27年度=0.998)

A:平成15年3月以前の被保険者期間の金額
平均標準報酬月額(※1)×10/1,000~7.5/1,000×平成15年3月までの被保険者期間の月数(※3)
(平成6年度の旧再評価率)(生年月日による乗率)

B:平成15年4月以後の被保険者期間の金額
平均標準報酬額(※2)×7.692/1,000~5.769/1,000×平成15年4月以後の被保険者期間の月数(※3)
(平成6年度の旧再評価率)(生年月日による乗率)

※1 平均標準報酬月額・・・平成15年3月以前の被保険者期間の計算の基礎となる各月の標準報酬月額の総額を、平成15年3月以前の被保険者期間で割った額です。

※2 平均標準報酬額・・・平成15年4月以後の被保険者期間の計算の基礎となる各月の標準報酬月額と標準賞与額の総額を、平成15年4月以後の被保険者期間で割った額です。

※3 被保険者期間の合計が、300月(25年)未満の場合は、300月とみなして計算します。
また、障害認定日の属する月後の被保険者期間は、年金額計算の基礎となりません。

お問い合わせ